電話
花のアトリエ大川が選ばれる理由は?
ケーキと一緒にお花はいかが?10%OFF!!
小阪駅、八戸ノ里駅、若江岩田駅周辺からご注文!
 10月18日は孫の日!ご予約受付中!!

バラの花束。本数や色で意味が変わるって知ってました?

バラの花束。本数や色で意味が変わるって知ってました?

バラの花束は、真っ赤なバラを100本?

バラ(薔薇)とは、バラ科バラ属の総称です。みなさんご存知の茎にトゲトゲがついているお花です。

ドラマなどでは、腕いっぱいの真っ赤なバラを抱えてプロポーズしたりと、真っ赤色のバラのイメージが強いですが、白色やピンク色に青色や黄色などなどその他にもかなり様々な色合いを持っているお花でもあります。

そんはよく知られているお花のバラですが、バラの花束は本数や色で意味が変わるのは知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、バラの花束の本数や色で表される意味をご紹介いたします。

真っ赤なバラを100本でなくても、あなたの気持ちにより近い本数と色があるかもしれませんよ。

本数で変わるバラの花束の意味

バラの本数で表される意味を1本から順番にご紹介いたします。
中にはネガティブな意味合いのものも含まれてるので注意してくださいね(※赤文字のものはネガティブな意味合いです。)。

インパクトより意味合い重視

意外と多い本数よりも、ぐっとくる意味も多いのではないでしょうか?

  • 1本 = 「一目ぼれ」「あなたしかいない」
  • 2本 = 「この世界は二人だけ」
  • 3本 = 「愛しています」「告白」
  • 4本 = 「死ぬまで気持ちは変わりません」
  • 5本 = 「あなたに出会えた事の心からの喜び」
  • 6本 = 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」
  • 7本 = 「ひそかな愛」
  • 8本 = 「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
  • 9本 = 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」
  • 10本 = 「あなたは全てが完璧」
  • 11本 = 「最愛」「私の宝物」
  • 12本 = 「私と付き合ってください」「私の妻になってください」
  • 13本 = 「永遠の友情」
  • 14本 = 「プライド」
  • 15本 = ※ 「ごめんなさい」
  • 16本 = ※「ころころ変わる不安な愛」
  • 17本 = ※「取り戻せない絶望の愛」
  • 18本 = 「誠実」
  • 19本 = 「忍耐と期待」
  • 20本 = 「私のひとひらの愛」
  • 21本 = 「心からの愛」「あなただけに尽くします」
  • 22本 = 「あなたの幸運をお祈りします」
  • 24本 = 「一日中思っています」
  • 25本 = 「あなたの幸せを祈っています」

定番のバラの花束のイメージ?

思い描いていたバラの花束はこれくらの大きさではないでしょうか?

  • 40本 = 「真実の愛」
  • 44本 = 「変わらぬ愛を信じます」
  • 50本 = 「永遠」「偶然の出会い」「恒久」

両手いっぱいに抱えるほどのバラを

バラの花束はやっぱりインパクトが大事という方には

  • 99本 = 「永遠の愛、ずっと好きだった」
  • 100本 = 「100%の愛」
  • 101本 = 「これ以上ないほど愛しています」
  • 108本 = 「結婚して下さい」
  • 365本 = 「あなたが毎日恋しい」
  • 999本 = 「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

色でも変わるバラの花束の意味

バラの色で表される意味をご紹介いたします。

こちらもネガティブな意味合いのものも含まれてるので注意してください(※赤文字のものはネガティブな意味合いです。)。

ポピュラーな色合い

  • 赤色 = 「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」「全てをつくす」

1番人気があって定番の色ですね!

  • 白色 = 「純潔」「相思相愛」「深い尊敬」「純潔」「清純」「素朴」「約束を守る」

清純なイメージで結婚式などで人気です。仏事のイメージもあるので注意が必要です。

  • ピンク色 = 「しとやか」「上品」「可愛い人」「美しい少女」「愛の誓い」「温かい心」

優しさの象徴のようなピンク。幅広い年代から人気があります。

  • 黄色 = 「友情」「平和」「愛の告白」 ※ 「愛情の薄らぎ」「嫉妬」

花言葉で正反対のものがあるので注意が必要です。

  • 青色 = 「夢かなう」「奇跡」「神の祝福」「不可能」

自然界にもともと存在しない色なので奇跡などの意味がつけられています。

  • オレンジ色 = 「無邪気」「魅惑」「絆」「信頼」

家族への贈り物や、ビタミンカラーでお見舞いの色としても使われます。

  • 緑色 = 「穏やか」「あなたは希望を持ちえる」

お友達の誕生日など身近な人へのプレゼントに最適ですね。

  • 紫色 = 「誇り」「気品」「尊敬」

目上の方への贈り物としていかがでしょうか?

珍しい色合い

  • 緋色 = 「灼熱の恋」
  • 濃紅色 = 「内気」「恥ずかしさ」
  • 黒赤色 = ※ 「死ぬまで憎みます」「憎悪」「恨み」
  • 紅色 = 「死ぬほど恋焦がれています」
  • 黒色 = 「貴方はあくまで私のもの」「決して滅びることのない愛、永遠の愛」
  • 虹色 = 「無限の可能性」
  • 赤に白班のバラ = ※ 「戦争」「争い」

まとめ

上記以外にも部位や状態、組み合わせなどで意味がさらに変わっていきます。

意味合いによっては、定番のプロポーズの花束としてではなく、感謝を込めて贈る花束やお祝いの贈り物としてもぴったりの花束となります。

せっかくのバラの花束を贈る機会。ただ贈るのではなく、本数や色などに込められた意味も添えてみてはいかがでしょうか。

ぴったりの意味を探し出すことができれば、受け取った方はさらに感動してくれること間違いなしです!

お問い合わせはこちら

開業以来これまで、花のアトリエ大川は変わらず、ひとつひとつ、丁寧に、お客様のご要望にお応えできるよう、大切にお作りしております。花束・アレンジメント・プリザーブドフラワー、母の日や開店祝いのお花など、お花のことなら何でもご相談ください。

ご連絡を楽しみにお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックして応援してね!

事前の予約がおすすめ!

事前にご予約いただくと、ご希望のお花を最適なタイミングで仕入れ、当日のお時間を有効にお使いいただけます。

  • ご希望に沿ったお花をご用意できます。
  • お作りする間の待ち時間がなくなります。

日程が決まっているのであれば、ぜひお早目のご注文を!

お花についてカテゴリの最新記事